地域・サポート施設
  • 白石市
  • 柴田町
  • 仙台大学
白石市

白石市は東北地方の宮城県南部に位置し、蔵王連峰の裾野に広がる豊かな自然に囲まれた、歴史ある城下町です。市内には白石城をはじめ名所・旧跡が多く残り、掘割や水路には今も美しい水が流れています。

周辺環境

白石城

白石城

仙台藩主・伊達政宗公を支えた名将、「片倉小十郎景綱」の居城。1995年、史実に忠実に復元されました。木造復元は全国的にも数が少なく、学術的にも高い評価を受けています。

GoogleMapで見る

甲冑体験

甲冑体験

白石城では、甲冑の試着体験ができます。(要予約) 勇壮な武将の甲冑を身にまとえば、たちまちタイムスリップ。お城を背景とした写真撮影や、城内の散策をお楽しみください。
白石温麺

白石温麺

「白石温麺(しろいしうーめん)」は小麦粉と塩水で作られた麺で、白石の食の名産品です。油を使っていないため消化が良く、胃に優しい食品として知られ、好評を得ています。
材木岩

材木岩

高さ65m、長さ100m、国の天然記念物「材木岩」は、白石川上流「七ヶ宿ダム」の下にあります。対岸の「水と石との語らいの公園」からは、その自然の造形美を存分に楽しめます。

GoogleMapで見る

鎌先温泉

鎌先温泉

湯が発見されたのは、600年以上も昔。さらりとしたぬるめの湯で、泉質は塩化物泉など。“傷に鎌先”と名高く、全国の湯治客に親しまれてきました。今では貴重な大正時代建築の木造旅館をはじめ、どの旅館も古き良き温もりを感じる佇まいで味わい深い温泉郷です。

GoogleMapで見る

小原温泉

小原温泉

白石川の上流、V字の渓谷に寄り添う小原温泉は、約800年もの長い歳月、人々を癒し続ける歴史ある温泉です。無色透明の湯は、肌をいたわり、さらりとした単純泉。「目に小原」と名高く、各方面から湯治客が訪れています。

GoogleMapで見る